INTERVIEW

N.F.

技術者(応用情報技術者)
PROFILE

私は現在は介護施設に導入されるシステム開発に携わっています。 入居者様の部屋の様子をセンサーで見守るシステムで、センサーから送信されるデータをインターネット上にアップロードする部分の開発を担当しています。 既に稼働しているシステムに対して、お客様のご要望を伺いながら追加開発や改善を行うので、対応力と課題解決力が試されていると感じています。

引きこもっていた時期もありました
でもその時期があったからこの仕事に出会えました

実は高校卒業からの数年間、家に引きこもっていた期間がありました。 引きこもっていた時期によくパソコンに触れており、独学でプログラミングの知識を身に付けました。 そこからアルバイトの経験を経て正社員での就職を目指したとき、就職支援エージェントの紹介で当社と出会いました。 他にもシステムエンジニア職で選考を受けていましたが、使っていた知識や言語を活かせることと仕事の内容が最終的に当社を選んだ決め手です。

TALK 01
この仕事の魅力はどんなところですか?

自分の技術が誰かの役に立っていることが実感できるところです。
例えば、現在携わっている介護施設の見守りシステムですと、管理システムを導入することで介護スタッフの労働環境が改善され、利用者やその家族へのサービスのレベルアップに繋がります。
元々、趣味でゲームの攻略に役立つツールなどを作っていたので、そのことが人の役に立ちたい気持ちの原点になっているのかもしれません。

TALK 02
今後は何をやりたい?どうなりたい?

今後も人の役に立つ仕事を続けていきたいです。
当社に入社する前に亡くなった祖母に胸が張れる仕事をしたいと思っています。
祖母は亡くなる直前まで介護施設のお世話になっていました。そして今、私は偶然にも介護施設の役に立つ仕事に携わっています。
不思議な巡り合わせですが、祖母のような方々のお役に立てていると思うと、とても嬉しくやりがいを感じられます。

TALK 03
プライベートはどう過ごしていますか?

休みの日は買い物に出かけて、その足でカフェに行くことが多いです。買い物の先々で気になるお店を調べて、気ままに楽しんでいます。
あとは、趣味もプログラミングなので、仕事とは別に問題集を解いて勉強をしたり、外部で開かれる勉強会に参加したりしています。
私たちの業界は情報の移り変わりが早いので、常に新しい情報を取り入れることが大事だと思っています。
特に外部の勉強会は、他社のエンジニアの方と関われる機会でもあります。
色々な情報を得られたり、お互いの仕事について情報交換できる場になったりもするので、いい刺激になっています。

TALK 04
これから入社される方へ一言

当社には文系理系以外にも様々な経歴を持った方がたくさんいます。
私も約5年のブランクがありました。
この仕事が好きと思える人、意欲を持って取り組める人であれば全く問題ではありません。
採用の段階でも、そういったところはしっかり評価してくれます。一般常識の試験はありますが。
先輩方もたくさんサポートしてくれるので、心配もあまりしなくて大丈夫です。
ぜひ当社で一緒に頑張りましょう!個人的には技術的な話で盛り上がれる方が来てくださったら嬉しいです(笑)